気仙沼市立病院

診療科・部門案内

内科・消化器内科

受付時間

初診 原則 午前8時30分 ~ 午前11時00分
再診 原則 午前7時45分 ~ 午前11時00分

 
外来 市川 安海 安海 安海 梅津
泉山 市川
鵜浦 梅津 梅津 市川 藤谷
児玉 藤谷 泉山 藤谷 泉山
大学 大学 鵜浦 鵜浦 大学
    児玉 大学  
血液内科       (要予約)  
高血圧外来         第2、第4
金曜日
(要予約)
フットケア外来     (要予約)    

胃がん検診で再検査となった患者さんの精密検査のほか、専門的な治療の必要がある上部消化管疾患(早期食道がん・早期胃がん、活動性胃潰瘍出血、食道静脈瘤など)に対し、主に内視鏡を用いた検査・治療を行っています。
 特に気仙沼地域では当院でしか施行できない早期食道がん・早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EVL,EIS)も行っています。
 また、消化管通過障害を呈した進行がんに対し、対象となる患者さんにおいては生活の質を改善するための金属ステント留置を行っています。

下部消化管領域(大腸)

 大腸がん検診で再検査となった患者さんの精密検査のほか、大腸ポリープに対して内視鏡的粘膜切除術(EMR)を数多く行っています。早期大腸がんに対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの専門的な治療も行っており、お腹を切ることなく内視鏡的に完治できる大腸がんを積極的に治療しています。
 進行がんによって腸が閉塞する状態(腸閉塞)に対しては、内視鏡的に金属ステントを留置し食事摂取を可能にする治療や、潰瘍性大腸炎・クローン病などの難病に指定されている疾患に対しても、専門的な知見からそれぞれにベストな治療法を選択し、生活の質が上がるよう治療を行っています。

肝臓領域

 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がん、肝膿瘍などの診断・治療を行っています。ウイルス性肝炎に対しては抗ウイルス療法、肝臓がんではラジオ波焼灼療法・肝動脈塞栓術・抗がん剤治療などを行っています。

胆嚢・胆管・膵臓領域

 胆石症や胆嚢炎の診断・治療及び総胆管結石や悪性腫瘍による急性胆管炎や閉塞性黄疸等に対する内視鏡治療を行っています。気仙沼医療圏には幅広い年齢層の患者さんがいるため、個々の生活状況に合わせた治療を選択しています。
 膵臓領域に関しては、急性膵炎や慢性膵炎、膵臓がんの診断・治療のため、腹部超音波検査、CT検査、MRI検査のほか、超音波内視鏡検査など専門的な医療を行っています。

一般内科

 当院では内科系専門領域の外来として、消化器内科・循環器内科・呼吸器内科が外来診療を行っていますが、この3領域に該当しない内科系疾患又は患者さんがどこの科にいけば良いか分からない疾患などについて内科・消化器内科として診療を行っています。
 高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病から、診断に苦慮するような患者さんも含め、1日あたり200人近くの患者さんが外来や検査のため来院されています。
 気仙沼地域の病院やクリニックと連携し、緊急性のある患者さんを紹介いただいたり、患者さんの住居に近いクリニックに治療をお願いしたりと、気仙沼地域全体の医療体制を考慮し診療を行っています。

診療実績

単位:人

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
外来 延患者数 57,594 47,261 43,206 43,603 39,120
1日平均患者数 237.0 194.5 180.0 178.7 161.7
入院 延患者数 31,570 23,372 19,773 20,038 22,357
1日平均患者数 86.3 64.0 54.2 54.9 61.1
内視鏡検査総数 6,056 5,811 5,156 5,663 6,172
上部内視鏡検査総数 3,767 3,698 3,248 3,539 3,923
手技別 ESD 23 23 44 29 71
ERCP 55 51 39 39 273
下部内視鏡検査総数 2,289 2,113 1,908 2,124 2,249
  TCS 2,121 1,959 1,707 1,914 2,006
手技別 EMR 379 381 266 344 525
ESD 12 11 12 28 33