気仙沼市立病院

病院紹介

沿革

明治

年次 関係事項
明治 13年 5月 県立宮城病院(現東北大学付属病院)の気仙沼分局として開設。
明治 17年 10月 県立宮城病院の廃止に伴い郡立気仙沼病院となる。
明治 32年 3月 気仙沼町外七か村病院組合を組織化し一部事務組合運営となる。

昭和

年次 関係事項
昭和 7年 11月 河原田に新築移転。
昭和 39年 5月 病院を気仙沼市田中184番地に新築移転。
「公立気仙沼総合病院」に改称(病床数350床)。
昭和 43年 9月 公立気仙沼高等看護学校設置。
昭和 43年 12月 救急告示病院の指定病院となる。
昭和 45年 2月 第2期増築工事完成(病床数471床)。
小児病等、リハビリテーション室増築。
ICU、CCU設備、放射線治療、浴治療室新築。
昭和 49年 5月 公立気仙沼高等看護学校校舎新築。
昭和 51年 6月 第3期増築工事完成(病床数502床)。
透析センター、病棟増築。
昭和 58年 10月 第4期増改築工事完成。
管理棟、X線部、救急診療室増築、診療棟、病棟、薬剤部、検査部、手術部、厨房改築。
昭和 62年 5月 全国自治体病院開設者協議会及び、全国自治体病院協議会から昭和62年度優良病院として表彰される。

平成

年次 関係事項
平成 7年 2月 第5期増築工事完成(病床数530床)。
病歴室、透析センター、内視鏡室、外来、病棟、売店、食堂、理髪、会議室
平成 8年 3月 第5期改築工事完成。
高気圧酸素装置導入。
平成 9年 3月 災害拠点病院・地域災害医療センターに指定される。
平成 9年 7月 循環器血管撮影システム導入。
平成 11年 11月 伝染病床13床廃止、感染症4床設置。
(一般497床、結核20床、感染4床 計521床)
平成 12年 4月 院外処方箋の実施。
平成 13年 1月 薬剤科改修工事(薬品倉庫等の統合ほか)完成。
平成 13年 3月 リハビリテーション科の改修工事(作業療法室新設)。
平成 13年 4月 公立気仙沼看護専門学校に名称変更。
平成 14年 3月 リニアック更新に伴うX線室改修工事完成。
平成 15年 10月 臨床研修病院(単独型)に指定される。
平成 16年 3月 宮城県地域周産母子医療センターに指定される。
平成 17年 1月 一般病床20床減床、結核病床20床廃止。
(一般477床、感染4床 計481床)
平成 18年 1月 一般病床30床減床及び、3階西病棟の廃止。
(一般447床、感染4床、計451床)
平成 18年 3月 気仙沼市、唐桑町の合併により「気仙沼市立病院」となる。
平成 20年 9月 臨床研修病院を管理型に変更。
平成 22年 4月 地域医療連携室を設置し登録医制をスタート。
平成 26年 4月 病棟再編により病床数減床。
(一般病床400床・感染症病床4床)
平成 29年 10月 病院を気仙沼市赤岩杉ノ沢8番地2に新築移転(病床数340床)。
(一般病床288床・回復期リハビリテーション病床48床・感染症病床4床)

令和

年次 関係事項
令和2年 4月 医療相談室と地域医療連携室を統合し、総合患者支援センターを設置。
令和3年 4月 地方公営企業法全部適用に移行。
気仙沼市病院事業管理者を設置。